スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便乗から理念へ

企業のエコ戦略も飽き飽きしてきた感もありまくりですが、
エコエコ言ってたのはエコエコアザラクあたりで終わりにしとけばよかったのにと思うわけであります。

エコでない企業は企業にあらずってもんですが、いくら二酸化炭素削減しようが、
世界のどこかで火山が爆発したら、いっぺんに無になりそうなものだと思ったりするのですが。

まあ「無」ではないけど、ヨメがダイエットするぞ!といいながら焼肉食べに行ってるような感じに近いような気がしたりするわけですよ。

某所にも書いてありましたが、エコ替えっつって燃費のいい車の買い替え促進運動なんてのも
車一台作る時に出る二酸化炭素相当量と燃費を相対しないと意味ねーじゃんってもんで、
なーんか企業にうまいこと乗せられてる感が拭えないっつーか、
なんかもうすでにエコっていうと、胡散臭い感じになってきたなーと思うわけです。

つまりエコの天敵、二酸化炭素を悪者扱いするのであれば、酸素を吸って二酸化炭素を吐く人間も悪者になるわけだなーと思うのですが、どうなんだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KOH

Author:KOH
妄想族☆特攻一番星

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。