スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象の背中っていう映画

久しぶりにテレビを見てます。

久しぶりに見た地上波の映画がヒドイ。

感動を売りにしてる映画が、ここまでヒドイとは。

笑えるくらいひどい脚本というかストーリーなので、一度見てみる価値はあるかと思いました。

嫁が旦那に対して敬語を使う家庭って…ありえんやん。気持ちわるー。
ま、そんな感じで、これほどまで感情移入できない映画はフォレストガンプみたいだなと思いましたとさ。

ボケーっと見てたんですが、あれだ。いわゆるスイーツ(笑)臭がプンプンするってーのがしっくりくるかな。
原作秋元康なんで、なんか納得。
スイーツ(笑)だし。

コメントの投稿

非公開コメント

『燕雀安んぞコウコクの志を知らんや』
。。。。。。

燕雀安んぞコウコクの志を知らんや

↑ ぐぐった。

まあ大志はわかるけんども、一流企業で嫁さん今井美紀でめっちゃ綺麗なデカイ持ち家で愛人が井川遥で一男一女のイケメソの子供もいて、感情移入が出来るほうが凄いと思うわけですよ。

ヒガミとかネタミの種類の感情ですけどね。

残り少ない命をどうするかっていうテーマがかすんで、最後まで見れなかったってわけです。ま、タダなんでイヤなら見なきゃイイじゃんってことなんですけどね。

ま、たわごとなんでサラリと読み流し推奨ですよ。
プロフィール

KOH

Author:KOH
妄想族☆特攻一番星

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。