スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数年ぶりの恥ずかしい思い。

レジ前での心理戦。

それは、いかにも他人に頼まれたかのように装いつつ
コンビニでいうところの、ジャンプとマガジンの間にエロ本を挟むかのような、そんな小細工をしようにも、なんとも恥ずかしい思い。
男子諸君にはそんな気持ちになったことがあるはずです。
いや、みんなあると思いたい。あるに違いない。あるだろ?


週末のレンタルビデオ店の18禁コーナーのような殺伐とした雰囲気(いわば戦場です)には、ずいぶんと慣れた気がしていましたが、
今回の獲物は強烈です。
はたして僕が手にして良いのであろうか。
そんな、どちらかといえば後ろめたいような気持ち。これを背徳感というのか…といったところでしょうか。
「べ、べつにあんたなんか買ってあげなくてもいいんだよ?でも、しょうがないから買ってあげるわよ!」みたいな。

なぜこんなことになったのでしょうか。
むしろなぜこんな気持ちになってまでレジに並んでいるのか。
僕が手にする品物が陳列してある所には
卒業したばかりであろうか、女子中学生らしき子が囲んでいる。
平日の昼間なので、たぶんそうだろう。
そんな、いわば「場」の空気がまったく違う戦場に
ひとり赴いたのです。そしてその後のレジ前での心理戦。

「あ、カツーンとかいうやつの、6600円で、DVDとかのセットになってるヤツってこれであってますかー」(携帯のメールを見ながら棒読み)

それは一通のメールから始まったのです。
年度末のクソ忙しい時期に来た一通のメール。

「KATTUNのDVDとかの6600円のセットのヤツ、予約するの忘れたから買っといて。」

どうやら予約ですら10枚限定だった所があるとかいって脅されたようです。そして僕の仕事場近辺ならあるだろう、と。
まあ、実際あったのですが。

ほんと数年ぶりに恥ずかしい思いをしました。
酔っ払ってハダカになることより恥ずかしいので、そこのところ察していただけると、ああ、よっぽど恥ずかしかったんだなぁと分かっていだけるかと。


話は全く変わって、高田純次(師匠!)の本が出たので、これは買いですよ。


4797333456.09.LZZZZZZZ.jpg



年度末で忙しいとか書いておきながらも長文を書いている矛盾。

コメントの投稿

非公開コメント

昨日名古屋に行ったら、通りがかりの本屋で「今日の16:00から高田純二先生のサイン会があるよ」というポスターを見た。時間の関係で覗くこともできなかったが、その代わりにバナナマンを見れたのでよしとした。

バナナといったらゴーリーラ。

バナナマン見てぇぇぇぇ
プロフィール

KOH

Author:KOH
妄想族☆特攻一番星

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。